久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

博多だるま監修 背脂とんこつ焼ラーメン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

4月13日に発売されたセブンプレミアムの新商品。
『博多だるま監修 背脂とんこつ焼ラーメン』。
昨年、発売されていたもののリニューアル商品となります。

昨年は「まぜそば」でしたが、今年は「焼ラーメン」へとシフトチェンジ。
先日、レビューを書いた「博多だるま」のカップ麺は、
店内商品を再現したものでしたが、この商品は店舗にありません。
カップ麺だけで味わえるオリジナルメニューなんですね!

フタを開けると中には麺、かやく、液体スープ、特製ソースが入っています。
かやくを入れてお湯を注ぎ、じっくり5分待ちます。
湯切り後、液体スープ、特製ソースをしっかり混ぜ合わせて出来上がり。

混ぜ合わせるとほとんど麺しか見えなくなりましたが、
トッピングには、チャーシュー、キャベツ、ネギ、
紅生姜、カマボコが入っています。
見た目は完全に焼きそばなのですがひと口食べると明らかに違います。
特製スープは、豚骨スープをしっかり感じる匂いを放っています。
醤油の強さと、動物系油ががっちりと焼ラーメンを表現。
そこに加わる特製ソースは、まさにソースの味わいなのです。
ウスターソースのような甘味ある味わいが、焼ラーメンに混ざることで
この麺の独特さを際立たせています。

麺はかなり縮れの強い中太麺が採用されています。
豚骨感と醤油感がかなり強いので、
これくらい存在感のある麺じゃないとバランス取れませんね!
僕は液体スープと特製ソースを両方入れて混ぜ合わせましたが、
もう一度食べるなら液体スープだけを混ぜ合わせて、まずは焼ラーメン感を堪能。
そこに味変材料として特製ソースを加えるのがいいかなと思います。
ということで…もう一回食べようかな!

それでは!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 カターレ富山スタジアムDJ、阪神タイガーススタジアムMCなど スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。 ラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは800店舗以上のレビューを書く。 そして鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.