久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

中華そば専門店 笠北@岡山県井原市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

読みたい場所へスクロール

さて、今回ご紹介するお店は、
中華そば専門店 笠北(かさきた)でございます!!

店舗情報

お店:中華そば専門店 笠北
場所:岡山県井原市井原町323-4
営業時間:10:00~14:00 16:00~19:00
定休日:金曜日
久世のオススメ
並 600円

スポンサーリンク

メニュー

2020年1月現在のメニューはこのようになっております。

初めて訪れた井原駅で食の楽しみターゲットになったお店。
井原駅から北西に歩くこと約15分、井原市役所の北側にお店があります。
朝10時からやっていて僕が行った11時頃からは
続々とお客さんが入って来られました。
入店後、まず1つ目の驚きが…メニューのシンプルさ。
選べるのは「並」と「大盛り」のみ。
今回は「並」を注文致しました。

そしてすぐ2つ目の驚き。
着丼が…早い!!
ちょっと店内を見渡していたら、すぐに到着しました。
さらに即3つ目の驚き!
麺の盛り付けが実に…芸術的!!
まるでスープに泳いでいるかのような麺線。

さらに笠岡ラーメンならではの
かしわチャーシューが細く刻まれこちらもキレイ!
他には独特の切り方の青ネギとメンマのみというシンプル構成の一杯。

ひと口スープを飲めば…じんわりと広がる鶏の旨味と醤油の甘味。
鶏油がとても良いバランスで融合し、さらに旨味をアップさせていました。
着丼の瞬間に感じた上品さを、スープからも存分に感じます。

その上質スープに合わさるのは
歯応えをしっかり感じるストレートの細麺。
もともと芸術的な麺線なので持ち上げるだけでも美しいですね!
まさに「スルスル」と進んでいく麺に
なぜ「大盛り」にしなかったのか後悔しました。
のちに色々調べてみると、店主は笠岡の名店「坂本」さんで修行され、
2016年、井原の地に出店されたとのこと。
オープン当初からの麺写真も拝見しましたが、時間を重ねるごとに変化を加え
進化を遂げられた一杯だということが分かりました。
「井原でラーメンといえば、まず笠北」と言えるほど、
ハイクオリティな一杯に出会わせてもらいました!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.