久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

坦々つけ麺 ごまゴマ@大阪市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて今回ご紹介するお店は、
坦々つけ麺 ごまゴマでございます!!

店舗情報

お店:坦々つけ麺 ごまゴマ
場所:大阪府大阪市北区豊崎2-4-5
営業時間:11:30~15:00(L.O 14:45) 17:00~22:00(L.O 21:45)
※スープ切れですぐに営業終了。夜は営業していないことの方が多いです。
定休日:不定休
久世のオススメ
白ごまつけ麺(大盛り) 750円

スポンサーリンク

メニュー

2018年12月現在のメニューはこのようになっております。

白ごまつけ麺(大盛り)

これもかなり長い間、ブログに書かずに写真だけ残っていたお店。
中津近辺で仕事の時に、たまに見る行列が気になっていた宿題店。
かなりの不定休、カウンター6席のみでなかなかの回転率の悪さ、
看板にはちょっと頑固さを感じる注意書きとなかなか縁がありませんでしたが、
なんとか並んでいないタイミングを見つけての初訪問になりました。
メニューを眺めて、ほとんど人はまずコチラという「白ごまつけ麺」を。
麺量は並盛りと大盛りとが同額ということで大盛りを選択しました。

まず渡されるのが胡麻すり鉢。
自分好みの粗さに胡麻をすって着丼を待ちます。

程なくして到着したのは、僕がこれまで出会ったことのないタイプのつけ麺。
トッピングにはおこげとネギと半分煮卵。

スープの中に鶏のお肉が潜んでいるというシンプルラインナップ。
このお店では、このつけ麺の楽しみ方が書かれていて、
まずはスープを混ぜずに一口味わい、次に混ぜてから楽しみます。

麺をスープに潜らせて一口。
まず最初に感じるのは、白ごまが生み出すスープの甘み。
その後で感じるのが坦々の持つ辛み。
甘さと辛さのいいコラボでスルスルと麺が進みます。

ある程度まで進むと、タイミングを計らなくてはいけないのが
おこげのスープ投入時間。
食感も残り、適度にスープを吸い込むタイミングまで沈めます。
他では味わうことが出来ないつけ汁投入おこげに舌鼓。
麺を食べ終えると最後はスープ割りなのですが、
こちらは特製ごま茶で割ってつけ汁を最後まで楽しみます。
このお店は「胡麻」を徹底的に楽しむつけ麺屋さんですね。
ちょっと頑固かなと思われた店主さんも人当たりの良い方でした。
次は…黒ごまつけ麺に挑戦したいと思います。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.