久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

中華そば山富士 本町店@岡山市北区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて今回ご紹介するお店は、
中華そば山富士 本町店でございます!!

店舗情報

お店:中華そば山富士 本町店
場所:岡山県岡山市北区本町5-13
営業時間:11:30~翌2:00
定休日:水曜日
久世のオススメ
中華そば 650円
天婦羅中華 750円

スポンサーリンク

メニュー

2018年12月現在のメニューはこのようになっております。

中華そば

岡山駅近辺で〆のラーメンに
一番適しているのではないかと思うのが、この山富士さん。
およそ30年の歴史を持つお店で、その店構えからも風情を感じます。
水曜日が定休日ということで昨年は縁がありませんでしたが、
水木。岡山生活が始まった今年から何度か訪れるお店となりました。
まずは基本の「中華そば」から頂きます。

これぞ「中華そば」という、なんともシンプルな一杯です。
トッピングはチャーシューとネギと、メンマのみ。

スープに隠れてよく見えなかったのですが、
デフォルトで結構チャーシューが入っているのが印象的。

スープは岡山ラーメンの基本と言える豚骨醤油なのですが、
このスープが実に優しく旨味が広がるのです。
豚骨のみならず柔らかみを生み出す豚皮を加え、
じっくり1日かけて抽出されるスープ。
そこにカツオなどの魚介と昆布でとった和出汁をブレンド。
日本人なら誰でも旨いと思うであろうスープがここにはあるのです。

そこに合わせられる細麺との相性も抜群で、
本当にあっという間に完食へと導かれていくのです。
まさに胃袋に染み渡るという表現がピッタリな一杯ですね。

天婦羅中華

そして何度目かの訪問で頂いたのが「天婦羅中華」。
ラーメンと天婦羅という組み合わせもなかなか珍しいですが、
乗せられる天ぷらが、予想とは違うんですよね。

それがイカのゲソ天なのです!

かなりのボリュームで入れられるゲソ天。
通常の中華そばプラス100円でこれだけ付くのは嬉しいところ。
そしてあえてカットされて乗せられているのにも意味を感じます。
もともとの豚骨豚皮プラス和出汁の極上スープが、
天婦羅の衣に染み込んでいくと…そりゃ…ウマい!
ゲソ天から適度な油分と旨味がスープに染み出している気がします。
岡山の繁華街で幅広い世代に愛される老舗の味はさすがでした。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.