久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

永斗麺(えいとめん)紙屋町本店@広島市中区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
永斗麺(えいとめん)紙屋町本店でございます!!

店舗情報

お店:永斗麺(えいとめん)紙屋町本店
場所:広島県広島市中区紙屋町1-5-22
営業時間:11:30~15:30 18:00~23:00
土 11:30~23:00 日 11:30~20:00
定休日:不定休
久世のおすすめ
サンマらーめん 780円

スポンサーリンク

メニュー

2018年10月現在のメニューはこのようになっております。

サンマらーめん

今回の広島麺巡りで、最初に訪れたお店です。
広島を中心に池袋にも店舗を展開するお店で、
看板メニューの「サンマらーめん」を頂いてきました。

注文からほどなくサンマの香り高い一杯が到着。
炙りを入れられたチャーシューとたっぷりのモヤシ、
その上には珍しいウズラ卵と彩りの青ネギというラインナップ。

スープは豚骨プラス秋刀魚から生み出されます。
大量のゲンコツから取られた豚骨スープに、
いくつかの工程から丁寧に抽出された秋刀魚エキスが融合。
以前の広島麺巡りでおとずれた「らーめんふじもと」さんを
思い出すようなお味でございました。
ただ「ふじもと」さんの方がもっと荒々しく秋刀魚を感じ、
「永斗麺」さんはそれよりも落ち着いた秋刀魚という感じでしょうか。

その秋刀魚スープに絡んでいくのが、加水率高めの中太麺。
プリプリとした食感がスープとよく合います。
広島というと広島つけ麺がご当地麺の代表格だと思いますが、
サンマらーめんも広島色を感じますし、
汁なし担々麺を出すお店も数多くあります。
結構、麺文化の特色が出やすい地域なのかもしれませんね。
その汁なし担々麺のお話はまた次回に。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.