久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

やまと@岡山県岡山市

2018/01/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
やまとでございます!!

店舗情報

お店:やまと
場所:岡山県岡山市北区表町1-9-7
営業時間:11:00~19:00
※15:00~16:00は麺類のみ
定休日:火曜日
久世のおススメ
中華そば 小 520円
カツ丼 小 520円
やきめし 小 470円

スポンサーリンク

中華そば小&やきめし小 2017ver

FM岡山のゲストにE-Girlsのメンバーが来てくれた時に、
Ayaちゃんが「やまとのやきめしが大好き!」と言っていたのを思い出し、
今度はカツ丼ではなくやきめしと決めて久々の訪問です。

お昼時を過ぎてもたくさんのお客さんで賑わう店内。
メニューを眺めて中華そば小とやきめし小を選択。

改めて訪問して気付いたのは麺を仕上げるスタイルの違い。
麺をゆで上げ何も入っていない丼ぶりへ。
さらにそこにトッピングを乗せてから最後にスープが投入されます。

何とも言えない旨さのスープは豚皮と煮干しからとられたWスープ。
豚皮というと大阪の光龍益が有名ですが、
独特の優しい旨味が引き出されるんですね。
そこにガツンと来る煮干しの魚介味。
もう一度店内を見渡して、
ここが洋食屋であることを再確認するほど完成度の高いスープ。

麺は加水率高めの中太麺。
平ザルで麺をゆで上げるのも逆に新鮮な感じがしました。
改めてこの中華そばの美味さを感じ、小では物足らない気もしました。

そしてこちらが噂のやきめし。
細かく刻まれたかまぼこが印象的。
味が濃いわけではないのにその旨さに驚き。
フライパンでじっくりと仕上げられるやきめしは、
パラパラというよりもしっとりとしています。
これも小サイズだと、もっと食べたいと思う一品。
思ったよりも量は少な目だったので、今度行くことがあれば
どちらかを普通サイズで頂きたいと思います。

スポンサーリンク

中華そば小&カツ丼小 2012ver

一見、ラーメン屋さんには見えない佇まい。
そうなんです。ラーメン屋さんじゃないんです。
ラーメンも扱っている洋食屋さんといったところでしょうか??
とにかくネットで口コミの数が多く、
岡山の方に愛されているお店っぽかったので行ってみました。

久世日記-IMG_2393.jpg

ラーメンの種類が結構豊富で、
カツ丼やカレー、焼飯もあります。
今回の注文は中華そば 小とカツ丼 小を注文。

久世日記-IMG_0139.jpg

中華そばは、まさに中華そばという見た目。
ただし、一般的な中華そばは鶏がらに醤油というものですが、
こちらのものは一口食べて「おお!!」と思います。
動物系と魚介系の融合ですね!!
結構、魚を強めに感じるかも。
で、まったく濃くない。あっさりスープなんです!!

久世日記-IMG_1104.jpg

麺は加水率の高いストレート麺ですね。
めちゃくちゃ特徴があるわけではないのですが進みます。
純粋にリピーターになっちゃいそうです。

久世日記-IMG_2188.jpg

そしてこちらはデミグラスソースカツ丼の小!!
この画像をネットで見てしまってこのお店を選んだんです。
写真から美味そうなのが伝わりませんか??
食べてみて、これまた美味いんです!!
家の近くにあったら週の半分くらい行ってしまうかも。
めちゃくちゃ特徴的ではないのですが
地元の方から愛される理由が分かるような気がします。
そんなお店です!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2017 All Rights Reserved.