久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

カドヤ食堂 本店@大阪市西区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
カドヤ食堂 本店でございます!!

店舗情報

お店:カドヤ食堂 本店
場所:大阪府大阪市西区新町4-16-13
営業時間:11:00~17:00L.O
定休日:火曜日※祝日の場合は営業・翌日休み
久世のおススメ
中華そば 950円

スポンサーリンク

メニュー

2020年1月現在のメニューはこのようになっております。

中華そば&黒豚めし2020ver

※2020年1月の訪問ブログです。
前回訪問時と全く同じ理由、
正月期間に開いていて、15時以降入店化の美味しいお店を探していたら
またまた頭に浮かんだのがカドヤさんでした。
16時を少し過ぎたタイミングでも行列という流石の人気店ですね。
2020年1月現在、食べログ3.90、口コミ790件はダテじゃないです。
注文は前回と同じく「中華そば」と「黒豚めし」を。

小ぶりの器にギュッと凝縮された「中華そば」。
器にもこだわりがあり有田焼のどんぶりを使用。
遠赤外線効果による旨味の向上、優れた保温性のメリットがあるんだとか。

トッピングには鹿児島県産の完熟黒豚を使用した2種のチャーシュー、
台湾産の穂先メンマに有明海苔というシンプル構成。

そしてこのスープは、黒さつま鶏黒王に、天然羅臼昆布、
ムロアジ、ホタテ貝柱、鮭節などの魚介系。
そこに野尻しょうゆとヒシモしょうゆのカエシが加わります。

さらにこの細平打ち麺は「はるゆたか」「春よ恋」など、
北海道産小麦の中心部である一等粉のみを使用。
王道の小ぶりの中華そばに込められた細部に渡るこだわり。
デフォルトで950円は決して安くありませんが、その完成度に唸るのです。

そしてこちらが「黒豚めし」。
メニューに「復刻!」とありましたが、僕が再訪するまでに、
一時期メニューから消えていたのかも知れませんね。
タレに和えられた黒豚のほぐしとザーサイ。
イヤミのない甘みと辛みが融合した間違いのない一杯。
僕の中の黄金セットを堪能しましたが、
横では麺の艶がハンパない「つけそば」を食べている方が。
久々にコレも食べたい……。
近々、再訪問させてもらいます!!

スポンサーリンク

中華そば&黒豚めし2018ver

※2018年1月の訪問ブログです。
新年2日から開いているお店で
15時以降に行けるお店を探したところ
ヒットしたのがカドヤ食堂さん。
いつの間にか17時までの通し営業で
夜営業なしになっておりました。

久々に訪問するとメニューにも変化が。
今回はスタンダードに「中華そば」と「黒豚めし」を頂くことに。

小ぶりな丼ぶりに旨味が詰まったような一杯が着丼。

海苔をよければ、チャーシュー2枚とメンマがお目見え。

スープを一口飲めば広がる旨味の渦。
初めて食べた時には気付かなかったような美味さ。
鶏と豚と魚介から生み出されるスープは、
すっきりしているのにあと引く旨み。

そこに合わさるのが平打ちの細麺。
他ではあまり見ないこの麺が本当によくスープに合います。
大阪で「中華そば」と言えばの代表格。
大衆食堂からラーメン店へと変貌を遂げた2001年から、
愛され続けて進化を重ねてきたカドヤさんの実力を改めて感じました。

そしてこちらが「黒豚めし」。
いつからか分かりませんがこちらもリニューアルされたよう。
以前は白飯に黒豚のほぐしがのったものでしたが、
今回は炊き込みご飯のように仕上げられています。
このご飯とラーメンスープを交互にいただくのがまたグッド。
カドヤさんは年齢を重ねて、改めてその質の高さが分かるお店でした。

スポンサーリンク

煮干しかけそば&スタミナ黒豚めし

※2015年9月の訪問ブログです。
前回のブログが2010年ということで、
思い切って店舗の写真から取り直してみました。

IMG_5836.jpg

さすがにメニューも変わっておりますね!!
今回はサービス定食の煮干しかけそばとスタミナ黒豚めしを頂きました。

IMG_9585.jpg

麺とスープとナルトとネギ。
シンプル!!なのに深い!!これぞカドヤ食堂。
煮干しの旨みたっぷりながら、エグみのないスープ。
丁寧に処理された煮干しと天然の羅臼昆布の融合です。
動物系が使われていないとは思えない旨味を感じます。

IMG_8141.jpg

そして、こちらがスタミナ黒豚めし!!
これでもかというくらいのほぐし豚肉に比内地鶏の卵。
これがまたとんでもない美味さでした。
また是非味わいたいカドヤの魅力が詰まった定食でした。

スポンサーリンク

白金豚旨みそば

※2010年2月の訪問記事です。

あのカドヤ食堂が鶴見区から2010年6月30日に移転してまいりました!!
今福鶴見でフットサルをした後の楽しみだったのですが、
住んでいるところの近くになったのはありがたいことです!

久世日記

以前のお店で中華そばもつけそばも食べておりましたので
今回注文したのは、、

久世日記

白金豚旨みそばでございます!!
こちらはいわゆる「汁なし麺」のまぜ麺でございます。
メンマにチャーシュー、ほぐし豚、ナルトに白ねぎですね!!
下のたれが潜んでいますので、
「グワッ」と、かき混ぜていただきます!!
運ばれてきたときとメニュー名は上品ですけど、
ジャンクな一品でございます!!

久世日記

ここからは味を変えていただきます!!
まずはラー油を加えてピリ辛味をプラス!!
そして続いてはお酢を少し加えてさっぱりと!!
そして最後は、、

久世日記

このメニューについておりますミニご飯を加えて混ぜる!!
あまり見た目、行儀が良いとは言えませんが、
これがこのメニューのちゃんとした食べ方なのです!!
つけ麺みさわでは、
たまねぎ、すだち、黒七味の味の変化が楽しめますが、
まぜ麺で楽しむならカドヤ食堂のこのメニューです!!

スポンサーリンク

中華そば&替飯

※2012年の再訪ブログです。
前回は「白金豚旨みそば」というラーメン界でいう
変化球メニューを堪能しましたので、今回は直球で!!

久世日記-IMG_7716.jpg

メニューを再度確認しましたら、
メンマ飯や豚飯がなくなっておりますね~。
徐々に変化を遂げるメニューです。

久世日記-IMG_6913.jpg

注文したのは中華そば!!
なんてことない中華そばなんですが、
こだわり抜かれた鶏スープと醤油の絶妙なドッキング!!
ん??結構普通やぞ!!と思ってスタートするのですが、
レンゲでスープをすくうのが止まらないんです。
そのうちやっぱりこれは素晴らしいと感じるようになるんですね!!
不思議です!!
せっかくなら最後の1滴までスープをじっくりと味わいたい!!
ということで「替飯」を注文。

久世日記-IMG_5592.jpg

ご飯にネギと刻みのりという至って普通のご飯が到着。
黒門ラーメンの替え飯には半熟玉子も入っていたので
ちょっと寂しい気もいたしましたが。

久世日記-IMG_7449.jpg

ただそのシンプルさが良いのです!!
このスープにはネギと刻みのりとご飯で充分!!
逆にそれを損なうのはもったいないのです!!
また寒くなったときにビシッと中華そばが食べたくなったら
訪れたいと思います。
ただ次はつけそばを食さないといけませんね!!

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2020 All Rights Reserved.