リアル脱出ゲーム

久世の日々

少し前に仕事先へ向かう移動中、
後輩からあるものに声をかけてもらった。

それはリアル脱出ゲーム。

巷で話題になっていることは知っていたものの、
なんだか遠いところの流行りの感じがして距離を感じていたが。

謎解き。
言葉の響きとして決して嫌いなものではない。
1人だと行かないけれど、誘ってくれたのならと参戦。

今回のタイトルは…

photo:01


「あるドームからの脱出」。

そう、舞台は京セラドーム大阪なのだ。
タイガースのMCの仕事で今シーズンも喋ったが、こんな形で再訪するとは。

photo:02


参加者の方は1000人を超えていたという。
球場から参加するといえば、僕にとってはアメリカ横断ウルトラクイズ。

多くの参加者、壮大な舞台、謎解きに立ち向かうという高揚感。

スタジアム全体にある謎はなかなか一筋縄では解けない。
だけど、一緒に参加した6人が手分けして謎を探し、
LINEを使って即座に情報を共有、
そして知恵も共有していくと少しずつ謎が解けていく。

分かる喜び、進む喜び、
周りにいるライバル達のスピードへの焦り、
1時間以内でクリアしなければいけない焦り。
まさにリアル脱出ゲーム。

photo:03


とか言いながら、僕は勝手に思い出作り。
もともとそんなに深く考え込むことに向いていない。
瞬発力勝負の人間なのだ。

結局、最後の謎だけが解けずに時間切れ。
やはり悔しい気持ちになるが、最後の解説を聞いて感服だ。
わたくしにはそういう発想は出来ないわ。負けました。と。

本当によく出来たイベントだと思う。
やはり自分の足を使うというのは楽しい。
謎もゆっくり考えれば解けると思う。
「三億円事件の真犯人はだれ?」とか本当の謎は出題されない。
時間制限があるので、どれだけ早くこなすかが鍵になると思うけど。

またあったら是非参加したい。
そういう仲間に入れてもらったことに感謝だ。

最後は大正駅で沖縄料理に舌鼓。

photo:04


photo:05


あるドームからの脱出は明日まで開催されているが、
大人気のためチケットは完売しているようだ。

また各地で行われているようなので、
1度参加されることをオススメする。

普段、絶対に味わえないワクワク感が味わえるはずだ。

ほんじゃ!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました