フェスのご飯の話

久世の日々

フェスに向かう時には現地で食べるご飯も楽しみなもの。

道中で立ち寄った亀山インターチェンジ。
何やら良い匂いが早朝から漂ってきます。

photo:01


おじいちゃんが焼いているのは産地直送の魚介類。
どうですか~という問いかけに思わず…

photo:02


焼きたての牡蠣を購入!!
こんなに牡蠣って大きいんですね!!
「レモン絞って食べてな~。美味しいかな~??」。
そんなおじいちゃんとのやり取りだけで最高でした!!

んで、静岡県吉田インターチェンジに到着。
やはり静岡県といえば、ウナギ!!

photo:03


ネットで調べた近くの名店「八木秀」にお邪魔を。

なかなかのお値段がするのですが、一口食べて納得!!

photo:04


鰻がふわふわ!!
思えばウナギといえば回転寿司でしか食べてなかったので
その衝撃は相当なものでした!!

photo:05


そしてフェス会場では1つだけご当地グルメを。
その名も「焼津バーガー」!!

一口食べて魚のフライのバーガーであることは分かった。
そして美味しいことも。
ただなんの魚なのかはさっぱり分からないままでした。
ご存知の方はご一報を!!

そして最後は帰りの浜松インターチェンジで。

photo:06


ウナギのオニギリに惹かれましたが、
昼間のものとのギャップがシャレにならないほどあったので…

そしてコレ!!

photo:07


餃子フランクという名前。お値段が330円。
決して安くないが、不思議な味。
食べてみるとギョウザの皮の味もするし、ギョウザの味もする。
よく分からないが食べといて良かったかな!!

ということで、結局食べまくりになるのでした。
このお腹には…金がかかっているのだ!!
…すんません。

ほんじゃ!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました