久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

鉄道模型フェスティバル2018

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

今週末からお盆休み!
なんて方も多いということで、まさに夏休み中の夏休み。
各地で子どもさんと一緒に楽しめるイベントが開催されていますが、
今週月曜日から大人の僕も見逃せない鉄道イベントが始まりました。
それが「鉄道模型フェスティバル2018」。
8月6日から15日までと比較的短い期間の開催なので、
開催2日目となった火曜日に訪問してきました。
阪急うめだ本店の9階にあるギャラリーで開催中です。
当日入場料は大人600円、学生400円、未就学児童は無料となっています。

ジオラマゾーン

会場に入るとまず広がるのが鉄道模型、Nゲージがたくさん走る大きなジオラマ。
およそ7m×5mのジオラマは街だけでなく、山々をリアルに再現していて、
そこには新幹線から、在来線、貨物列車まで走っています。

スポンサーリンク

じゅりちゃん鉄道

ジオラマは1つだけではなくもう一つ大混雑していたのが
「じゃりちゃん鉄道」というエリア。

ここは、高槻在住の鉄道大好きオジサマ「じゃりちゃん」が
趣味で作り上げたジオラマが登場。
1つ目のジオラマと大きく違うのは、
このジオラマ上で走る列車の運転体験が出来るということ。
実際に走る鉄道模型に小型カメラが取り付けられていて、
とてもリアルに運転士体験が出来るのです。
それも1人ではなく、同時に5人までの運転体験が可能。
初級、中級、上級とレベル分けされているので、
子どもさんから大人まで夢中になって運転士体験をされていました。

運転シミュレーターゾーン

「じゃりちゃん鉄道」のエリアだけでなく、
JRと阪急のリアル運転シミュレーター、阪神の子どもさん向け運転シミュレーターと、
運転士体験ゾーンが充実しているのがとても印象的でした。

鉄道模型展示ゾーン

今年、開通50周年を迎えた神戸高速線が大特集されているエリア、
昭和から平成までを駆け抜けた歴代の数々の列車が
ズラリと並べられているゾーンなど展示スペースも充実。

キッズエリア

子どもさんが遊ぶためのプラレールエリアもあるので、
家族で安心して訪れることが出来そうです。
まだお盆休みになっていない平日夕方でもかなり混んでいたので、
お盆本番に訪れるという方は
まず整理券が配られる運転士体験エリアに行くことをお勧めします。

そして阪急うめだ本店9階の同じフロアでは
恐竜ランド「ジュラシックワールド」も開催中で、
恐竜の模型、骨の模型も見ることが出来ます。
買い物だけではなく、9階に遊びにいくのもおススメです。

やっぱり…電車はイイですね!
それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2018 All Rights Reserved.