久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

未来の記録

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

未来の記録

監督・脚本・撮影・編集 岸建太朗

キャスト:上村聡 あんじ、鈴木宏侑ほか

製作国:日本 配給 ㈱デジタルSKIPステーション

公開:東京 2011年5月14日 大阪 2011年5月21日

久世日記

ストーリー:

理想の学校を始めようと、古い家屋にやってきた二人。

男は記憶を消し去りたい元教師。

女はノートを開き、その記憶を覗いてしまう。

「記録」は「記憶」の扉を開いていく…

未来の記録ホームページ

5月19日にFMaiaiにゲストに来ていただいた

岸建太朗さんの監督作品「未来の記録」を見てまいりました。

5月14日からすでに東京では上映が始まっていますが、

大阪では今日から九条のシネヌーヴォXにて上映でございます!!

久世日記-IMG_9568.jpg

今日は大阪初日ということで監督の岸建太朗さん、

主演の上村聡さんの舞台挨拶もありました。

上記にストーリーを載せましたが、

特に気にせず映画を見ていただきたいですね。

物語は2人の男女の登場から始まります。

ただ2人の会話が一向に頭に入ってこないのです。

理解しようとすればするほど迷宮に追いやられていきます。

でも後に結びついていくはずです。

なんとなく観るということが大事なのかも知れません。

ラジオに出演していただいた時に、

この映画は2007年から撮影を始めたとお聞きしました。

足掛け4年の月日が経っています。

そこに積み上げられたものとは…。

五感を全て使って感じる映画だということです。

感想は見る人によって千差万別だと思いますが

僕が感じたのはそうでした。

視覚はもちろん、聴覚もフルに使います。

音声と音声が重なり合い、

自分が音を今追いかけているのか分からなくなります。

そして監督がおっしゃっていた映画館のスクリーンで見せたい映像。

スタンリーキューブリックの「2001年宇宙の旅」。

これはDVDで観るのとスクリーンで観るのとは全く違う作品。

スクリーンだからこそ出来る映像表現が随所にあります。

単純に五感をフルにと言いましたが、

右目、左目、右耳、左耳がそれぞれ違うところを捉えていた気がします。

だからこそ、この映画を観るために

何度も映画館に足を運んでいる人がいるのですね。

僕の中のキーワードは「鏡」。

そして映像で印象的だったのはトンネルを出たときの…。

村上春樹の「ノルウェイの森」を最初に読んだとき、

冒頭が理解できずに混乱したのを思い出し、

伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」のような

時間軸の激しい往来を感じました。

映画ファンの方には是非、観てもらいたい作品ですね!!

久世日記-IMG_2141.jpg

上映後に岸監督と上村さんとお話をさせていただきました。

「未来の記録」

大阪九条のシネヌーヴォーXでは本日、5月21日から。

京都のみなみ会館では6月11日から公開です。

ほんじゃ!!!


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2011 All Rights Reserved.