久世サトシの久世サトシによる久世サトシのためのブログ

中華そば閃@大阪市住吉区

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

さて、今回ご紹介するお店は、
中華そば閃でございます!!

{CCD7A8EF-88F9-4A22-A5A3-9F99759C4F55}

店舗情報

お店:中華そば閃
場所:大阪市住吉区苅田7-6-15
営業時間:11:30〜14:30 18:00〜23:00
定休日:月曜日
久世のオススメ
つけ麺 880円

スポンサーリンク

メニュー

醤油中華そば 780円
塩中華そば 780円
ごま中華そば 880円
つけ麺 880円
RED 880円

券売機を撮影できなかったので基本メニューのみ羅列しました。

つけ麺2019ver

長居方面に用事がある時に、少し遠回りして久々の再訪問。
未食メニューも気になりましたが、やはり食べたくなったのは「つけ麺」。

シンプルながら強い意志を感じる「つけ麺」です。

卓上には使用されている食材がきっちり明記されていて、
スープは丹波地鶏と鹿児島県産豚肉に、鰮煮干が4種類、
北海道産真昆布と羅臼昆布が使用されています。
タレには小豆島産天然醸造醤油が2種や
ベトナム産カンホアの塩が使用された純和風魚介のつけダレ。

チャーシューは鹿児島県産豚肉のもので、外側の炙り色が食欲をわかせます。
メンマは天然発酵乾燥メンマを5日かけて戻し、和出汁で味付けしたものと、
一つ一つ丁寧に仕事をされているんだなと食べるたびに伝わります。

麺は東京の三河屋製麺のものを使用。
適度なひねりが入った平打ち麺で、純和風つけダレもしっかり絡みます。

最後は、より一層、和を感じるスープ割りでフィニッシュ。
相変わらず丁寧な仕事を見せてくれるお店。
だから近くを通った時には思い出し、
もう一度食べたくなるのでしょうね。

スポンサーリンク

特製つけ麺

※2016年9月の訪問ブログです。
宿題店としてずっと上がっていたお店だったのですが、
とある試験会場の近くということで、やっと立ち寄ることができました。
2011年11月、あびこ駅近くにオープンしたお店です。

{6DDDB62E-CB4E-420D-8EA7-545F740BD162}

{7245252F-2D7C-4D62-ADBB-71319976EB28}

メニューのページをめくり、
やはり今回も初訪問ながらつけ麺をチョイスしました。

{574D9552-215F-4FBC-ABD0-36CFF8831F01}

しかも特製つけ麺を大盛りでという贅沢チョイス。
醤油は小豆島産のものなど、国産の丸大豆を使用したものを厳選。
煮干しには瀬戸内産白口煮干し、九十九里産青口煮干しなどを使用。
塩分は強めですが、それを上回る旨味と仕事の丁寧さを感じます。
特製のトッピングには、分厚めのしっかりチャーシューが4枚、
そして完全天然醗酵のこだわりメンマ、海苔、煮卵のラインナップ。

{87CA4B06-3639-447E-AEAF-CCE1CB5A32AA}

麺は、東京、三河屋製麺のものを使用。
平打ちの太麺で濃いめのスープとしっかりマッチング。

{9121EFD0-8E11-40AA-86D7-D788DFFAD827}

最後は、適量に味と量を整えてネギを加えて出してくれるスープ割でフィニッシュ。
ずっと気になっていたお店は、
とことん天然素材にこだわり、丁寧に仕事をされる
噂に違いないお店でした。

それでは!!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
1980.4.14生まれ A型 牡羊座 奈良県生駒市出身 大阪市在住  大学卒業後、住宅営業マンを経て、喋りの世界へ。 鉄道の旅好き、アメリカ大陸アムトラック横断やマレー鉄道縦断など、海外もほとんど鉄道で旅行し17ヶ国を経験。 さらにラーメン好きが高じて、関西を中心にラーメンブログは500店舗以上のレビューを書く。 スポーツ系のMCや、ラジオDJ、ナレーションなど幅広く喋りの分野で活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 久世日記 , 2019 All Rights Reserved.